【沖縄旅行】光と色のイリュージョン 沖縄県内の最大の鍾乳洞『玉泉洞』in おきなわワールド

テレビでおなじみ 沖縄県 最大の鍾乳洞『玉泉洞』

天然記念物玉泉洞の石碑。渋ーい。でも中はスゴイんです。

沖縄県内の最大の鍾乳洞『玉泉洞』(ぎょくせんどう)をご存知の方も多いでしょう。
『世界の果てまでイッテQ!』では、イモトさんがレポートしていました。
『めざましテレビ』では、鍾乳洞ベスト5にランキングしていました。

1位 秋芳洞
2位 あぶくま洞
3位 青の洞窟
4位 龍泉洞
5位 玉泉洞

え?5位?
あらー。個人的にはもっと上位にしたいです。

便利なアクセス 『玉泉洞』は、おきなわワールドの中!

『玉泉洞』はおきなわワールドの中にあります。
那覇空港から車で高速道路を使っても使わなくても3,40分程度です。

園内マップ 鍾乳洞『玉泉洞』の地上は、見どころいっぱい!レストランもおいしかった!

おきなわワールドは『玉泉洞』だけでなく、『エイサーショー』や『ハブとマングースのショー』など盛りだくさんですので、一日楽しむこともできます。

入園料、割引あります。ツアーもあります。

上記サイトの検索窓に『おきなわワールド』と入れて検索するとおきなわワールドが見つかりますので、クリックすると割引購入できるページに行けます。ツアーもあります。

地底旅行『玉泉洞』、スタート!

無料の記念撮影

エイエイオーと言っています。

『玉泉洞』まずは入口で、係の人が記念撮影してくれます。 こんなハガキサイズの写真が、無料でいただけます。有料の写真も購入できます。

所要時間

玉泉洞入口

所要時間について
公開されている順路は890mですが(洞窟全体の総延長は5000m)、やっぱりゆっくりしっかり見たいですよね。そうすると30分はみておいたほうがよさそうです。
私たちは約40分で順路を回りましたが、最初の記念撮影や地下・地上への移動、地上に出たあとの地下水ドリンクサービスを合わせると1時間くらいかかっています。
トイレは済ませていきましょう。もちろん洞内にトイレはありません。
(実は私は観ている途中でトイレに行きたくなり、、、でもゆっくり見たくてがんばりましたよ!地上に上がるとすぐにトイレがあって、助かりました!)

約30mの地底へ・・・化石あります。

下った階段を見上げfると・・・深さ実感

さて、どんどん深く、降りていきます。地下約30m。外はとても暑いのに、ひやりと快適。
玉泉洞内は年間21℃程度だそうで、夏は涼しく、冬は暖かですね。

いよいよスタート。先へと続く順路に冒険気分です。

岩窟王

鍾乳石には名前が付いているものも多々あります。そう思って見れば、そう見えるものもあれば、

大仏御殿

ほうほう、なるほど。と思えるものまでさまざまです。

見上げると、矢のように降ってきそう!

リュウキュウジカの化石

リュウキュウジカの化石です。3万年ほど前まで琉球列島に生息していたそうです。

順路のボコボコは鍾乳石!

実は順路の道もボコボコと鍾乳石が生えて?きています。毎日、誰かしら歩いているのに、すごいですね。
玉泉洞のつらら石は、石灰分を多く含む水が大量に流れ込む環境から、3年に1mmというスピードで成長しているそうです。
一般的には1mm成長するのに10年以上かかるそうですから、ハイスピードですね。

鍾乳洞 光と色のイリュージョン

青の泉

青の泉。息を飲む美しさ。

青の泉 上から

上から見てもなかなかのもの。

黄金の器

黄金の器。ゴージャス!

鍾乳洞の織りなす光と色のイリュージョンが続きます。

お酒、発見!

牢ではありません。お酒です♥

鍾乳洞に見とれながら、順路終盤に差し掛かり、何やら右手に牢が?
と、・・・お酒です。
玉泉洞に限らず、鍾乳洞は、洞内の温度が一定しているので、お酒の貯蔵場所としてよく利用されていいるのを見かけます。私もここで貯蔵してみたい・・・おいしいんだろうな。

地上へ!・・・注意すること

「玉泉洞の地下水 ご自由にどうぞ」と書いてあります。

さて、地上に上がり、私は我慢していたトイレへ・・・(汗)
地上へ上がってすぐ、玉泉洞の地下水の無料サービスがあります。
写真は相方が撮ったのですが・・・地下から出てすぐ撮ったので温度差で曇ってしまったのですね。
水は冷たく癖がなく、柔らかい感じで、おいしかったです。

みなさん、鍾乳洞内に入る前はトイレに、鍾乳洞内から出たらカメラレンズの曇りに、注意しましょうね。

では、また ^^

Check! 沖縄旅行シリーズ

コメント